トップ > 育児休業法(育児休暇)のその他の規則

育児休業法(育児休暇)のその他の規則一覧

育児休業法と残業の制限

小学校就学前の乳幼児を持つ正社員の会社員・労働者は、1か月24時間以上、1年で150時間以上の残業をしない、と会社にいうことができます。また、深夜(午後10時から午前5時まで)残業をしたくないということもできます。 ただし、会社員・労働者ならだれでも残業について制限を申し出ることができるわけではあ

育児休業法と残業の制限の続きを読む>

産前産後休業と育児休業

労働基準法では、6週間以内に(多胎児の場合は14週間)出産の予定がある女性が休業(休暇)を請求すると、会社は認めなければなりません。また産後8週間までは、出産した女性の請求がなくても働かせてはなりません。つまり産後の休業(休暇)は絶対に就業してはならない禁止期間なのです。 この、「産後8週間」です

産前産後休業と育児休業の続きを読む>

深夜残業の制限について

小学校に入学する前の子を養育する会社員・労働者が、養育を目的として申し出た場合、会社は午後10時から午前5時までの間働かせてはならないことになっています。[育児・介護休業法19条1項本文] しかし、深夜残業をさせないことによって事業の正常な運営ができない場合は、会社はこれを拒むことができます。 深

深夜残業の制限についての続きを読む>

産休や勤務時間短縮と賞与

1歳未満の赤ちゃんを育てている女性は、法律(労働基準法34条)で定められた一般の休憩時間のほかに、1日2回、少なくとも30分、育児についての時間を会社に請求することができます。[労働基準法67条] 会社が出勤率について計算するとき、次の場合は出勤したとみなされます。 ①業務上の傷病により療養のために

産休や勤務時間短縮と賞与の続きを読む>

産休や勤務時間短縮と賞与(東朋学園事件の判例)

実際の判例をみると、わかりやすいでしょう。 「東朋学園事件」という裁判がありました。(最高裁ー小判決 平15.12.4)東朋学園は出勤率90%未満の場合は賞与を支給しないことになっています。 この判決では、出勤率の計算において産前産後休業を欠勤扱いにするのは労働法が保障した権利をうしなわせるもので、

産休や勤務時間短縮と賞与(東朋学園事件の判例)の続きを読む>

育児休業以外の配置転換について

改正均等法では、次の9項目を理由とする解雇、その他の不利益な扱いが禁止されています。[男女雇用機会均等法9条] ①妊娠②出産③妊娠中・出産後の健康管理に関する措置の請求・適用④妊産婦の坑内業務・危険有害業務の就業制限による不就労、坑内業務・就業制限業務に従事しない旨の申出・適用⑤産前産後休業の請求・

育児休業以外の配置転換についての続きを読む>

育児休業の代替要員(交代人員)の解雇

育児休業(育児休暇)をとる会社員・労働者がいると、会社は必要に応じて代替要員を雇います[育児・介護休業法22条]。通常は育児休業(育児休暇)をとった会社員・労働者が職場復帰するまでの契約であることが多いのです。 では、育児休業(育児休暇)をとった会社員・労働者が予定より早く復帰した場合、代替要員は

育児休業の代替要員(交代人員)の解雇の続きを読む>

育児休業の代替要員(交代人員)との雇用契約の注意点

育児休業をする会社員・労働者の代わりに代替要員を雇用するとき、気をつけなければいけないことがあります。 代替要員の雇用管理については通達があり、育児休業が途中で終了した場合、代替要員に不利益を与えないよう、次のようにあらかじめ雇用契約の内容を明確にしておくことと述べられています。 ①代替要員の雇用期

育児休業の代替要員(交代人員)との雇用契約の注意点の続きを読む>

このページのトップへ↑

カテゴリー