トップ > 育児休業後(育児休暇後)の規則と判例

育児休業後(育児休暇後)の規則と判例一覧

育児休業後(育児休暇後)の賃金・給与の減額

会社は、育児休業取得者の賃金を復帰後の一定期間減額したり、賞与について不利益な計算を行うなど、育児休業をしたことを理由とする不利益な扱いはできません。 会社は育児休業(育児休暇)や介護休業(介護休暇)をとる人に対して、いろいろと説明しておくことがありますが、その中には休業後の賃金の算定方法や、配置

育児休業後(育児休暇後)の賃金・給与の減額の続きを読む>

育児休業後(育児休暇後)の転勤命令

会社は、育児休業(育児休暇)後の人に転勤命令を出してもよいのでしょうか。 転勤命令は可能ですが、育児・介護休業法10条や育児・介護休業法26条に反するものであってはなりません。会社は労働者が育児休業をしたことによって、不利益な扱いをしてはいけないことになっています。 現実問題として、育児休業が終了し

育児休業後(育児休暇後)の転勤命令の続きを読む>

育児休業後(育児休暇後)の転勤命令の判例(1)

育児休業後(育児休暇後)の転勤命令についての判例をみてみましょう。 ※ネスレジャパンホールディング配転仮処分申立事件 AさんとBさんはネスレジャパンホールディング姫路工場(兵庫県)に勤めていましたが、霞ヶ浦工場(茨城県)に転勤命令が出されました。そして、それを不服とする場合は退職をするようにすすめま

育児休業後(育児休暇後)の転勤命令の判例(1)の続きを読む>

育児休業後(育児休暇後)の転勤命令の判例(2)

※NTT東日本北海道支店配転拒否仮処分事件 Cさんは、NTT東日本の北海道に勤務していました。会社は平成13年に、「50歳以上の社員は、雇用形態・処遇体系について3つの選択肢のいずれかを選ぶように」と言い渡しました。Cさんがこれに回答しなかったところ、東京の法人営業部への転勤命令を出しました。Cさん

育児休業後(育児休暇後)の転勤命令の判例(2)の続きを読む>

育児休業後(育児休暇後)の配置転換(1)

育児休業(育児休暇)や介護休業(介護休暇)が終わって職場復帰をする会社員・労働者は、原職又は原職相当職にもどれるのが普通です。しかし、もとの職場にもどれない理由があるときは、会社は配置転換をすることができます。 会社は育児休業(育児休暇)や介護休業(介護休暇)が終わった人が職場に復帰する場合、復職が

育児休業後(育児休暇後)の配置転換(1)の続きを読む>

育児休業後(育児休暇後)の配置転換の判例

※慈恵大学付属病院事件 Dさんは昭和49年から病院の本館手術室で働いていました。昭和50年3月から産前産後休業(産前産後休暇)をとり、続いて同年12月まで育児休業(育児休暇)をとりました。 Dさんが休業(休暇)を終えて職場に復帰しようとしたところ、歯科外来診察室勤務を命じられました。Dさんはこれを不

育児休業後(育児休暇後)の配置転換の判例の続きを読む>

育児休業以外の配置転換について

改正均等法では、次の9項目を理由とする解雇、その他の不利益な扱いが禁止されています。[男女雇用機会均等法9条] ①妊娠②出産③妊娠中・出産後の健康管理に関する措置の請求・適用④妊産婦の坑内業務・危険有害業務の就業制限による不就労、坑内業務・就業制限業務に従事しない旨の申出・適用⑤産前産後休業の請求・

育児休業以外の配置転換についての続きを読む>

育児休業後(育児休暇後)の職場復帰

女性会社員・労働者が産後休業(産後休暇)を終えて復帰する場合、会社の業務の見直しなどでもとの仕事がなくなってしまったからといって会社はすぐに勧奨退職をすることはできません。まずは、配置転換などによって雇用の継続を検討するべきなのです。 そのようにしてもどうしても無理が生じる場合は、勧奨退職もやむを得

育児休業後(育児休暇後)の職場復帰の続きを読む>

このページのトップへ↑

カテゴリー