トップ > 育児休業中(育児休暇中)の規則と判例

育児休業中(育児休暇中)の規則と判例一覧

育児休業中(育児休暇中)の賃金・給与支払い

会社は育児休業中(育児休暇中)の人には原則として賃金を支払う必要がありません。一般的な考え方であるノーワーク・ノーペイの原則です。つまり働かなければ払わないという意味です。ただし、その会社の就業規則や労働契約で取り決めがあれば、それに従います。 このように育児休業中(育児休暇中)には賃金は出ません

育児休業中(育児休暇中)の賃金・給与支払いの続きを読む>

育児休業中(育児休暇中)の給付金支払い

会社は育児休業(育児休暇)中の会社員・労働者には賃金を払わなくてもよいのですが、それだと会社員・労働者はつらいものです。そこでその救済策があります。 一定の条件を満たした会社員・労働者に対して雇用保険から ①育児休業基本給付金②育児休業者職場復帰給付金(復帰してから6か月経過したとき) が支払われま

育児休業中(育児休暇中)の給付金支払いの続きを読む>

育児休業中(育児休暇中)の年休(休暇)申請

育児休業(育児休暇)中の年休申請は認められません。それは会社員・労働者に就労義務がないからです。 年休というのは就労義務のある会社員・労働者が、これを申請をすることによって就労義務がなくなり、賃金が発生するものです。(ただし、法定要件を満たしている場合に限ります) 産前産後休業(産前産後休暇)につい

育児休業中(育児休暇中)の年休(休暇)申請の続きを読む>

育児休業中(育児休暇中)の社会保険料支払い

育児休業中(育児休暇中)も会社と会社員・労働者は労使関係にあります。そこで社会保険の被保険者資格が継続します。 社会保険の保険料は普通の状態のときに受ける賃金を基準として決まる標準報酬月額×保険料率で決められます。そして、そのようにして決まった保険料を会社と会社員・労働者が半分ずつ負担することにな

育児休業中(育児休暇中)の社会保険料支払いの続きを読む>

育児休業中(育児休暇中)の会社の周知義務

会社は育児休業(育児休暇)をとる人に、あらかじめいろいろなことを説明しておく義務があります。[育児・介護休業法21条] ①育児休業期間中の待遇②休業終了後の賃金・配置、その他の労働条件③休業後の仕事を始める時期④休業期間中の保険料の支払い などです。 育児休業(育児休暇)は会社員・労働者にとって大切

育児休業中(育児休暇中)の会社の周知義務の続きを読む>

育児休業中(育児休暇中)の勤務と賃金・給与

会社は育児休業(育児休暇)中の会社員・労働者に対して、仕事をするように命じることはできません。しかし、会社員・労働者が希望して、会社に申し出て、両方が合意すれば、育児休業(育児休暇中)であっても、仕事をすることができます。そして、その場合育児休業(育児休暇)は終了しません。 では、育児休業(育児休

育児休業中(育児休暇中)の勤務と賃金・給与の続きを読む>

育児休業中(育児休暇中)の在宅勤務と講習

育児休業(育児休暇)中の社員に対して、会社が簡易な在宅業務を一方的に命じることはできません。しかし、会社と会社員・労働者の間で話し合って合意があれば、在宅就労は可能です。そのことによって育児休業(育児休暇)が終了することはありません。 また、育児休業(育児休暇)中の社員に対して、講習を受けることを

育児休業中(育児休暇中)の在宅勤務と講習の続きを読む>

育児休業中(育児休暇中)の介護休業取得

育児休業(育児休暇)中に親が倒れて、その介護が必要となった場合、育児休業(育児休暇)と介護休業(介護休暇)とはどういう関係になるのでしょうか。 育児休業(育児休暇)中に介護休業(介護休暇)を取ることはできますが、介護休業(介護休暇)が始まると同時に育児休業(育児休暇)は終了します。これは介護休業(介

育児休業中(育児休暇中)の介護休業取得の続きを読む>

育児休業中(育児休暇中)の健康診断

労働安全法は、会社に対して次の場合に会社員・労働者の健康診断を義務づけています。 ①勤めはじめたとき②年に一回の定期健康診断③深夜業など特定業務の人については年に2回の定期健康診断④有害業務の人については特殊健康診断 また、労働安全衛生法は、会社員・労働者に対しても健康診断を受けることを義務づけて

育児休業中(育児休暇中)の健康診断の続きを読む>

育児休業中(育児休暇中)の年次休暇の賃金

育児休業中(育児休暇中)の人が年次休暇をとった場合、賃金は支払われるのでしょうか。 そもそも育児休業中の人は就労義務がないので、年次休暇は発生しません。ですから、育児休暇中に年次休暇を申し出てもその分の賃金は支払われません。 ただし、育児休業(育児休暇)の申し出の前に計画的に年次休暇を与えられた場合

育児休業中(育児休暇中)の年次休暇の賃金の続きを読む>

育児休業中(育児休暇中)のリストラ解雇

育児休業中(育児休暇中)であっても、会社は会社員・労働者をリストラ解雇の対象にすることができます。ただし、休業していることが理由でのリストラ解雇はできません[育児・介護休業法10条]。休業していないほかの社員と同等に考えて、合理的な理由がある場合に限られます。 育児休業中(育児休暇中)の会社員・労

育児休業中(育児休暇中)のリストラ解雇の続きを読む>

育児休業中(育児休暇中)の退職申し出(1)

育児休業中(育児休暇中)に、休業が終わったときに退職するという申し出が会社員・労働者からあった場合、会社はそれを理由に休業を取り消すことはできませんし、それを理由に退職を命じることもできません。 会社にとってみれば、育児休業(育児休暇)明けにやめることがわかっている会社員・労働者を育児休業中(育児

育児休業中(育児休暇中)の退職申し出(1)の続きを読む>

育児休業中(育児休暇中)の退職申し出(2)

労使協定では、育児休業制度を適用しないことができる会社員・労働者を定めています[育児・介護休業法6条1項ただし書]。それは、育児休業中(育児休暇中)に雇用関係が終了することが明らかである会社員・労働者です。また復職する意思がない場合などです。 そこで、労使協定で必要な定めをおいていれば、育児休業中

育児休業中(育児休暇中)の退職申し出(2)の続きを読む>

育児休業と保育園入園

育児休業中(育児休暇中)の会社員・労働者が、子どもを保育園に入れた場合、育児の負担はだいぶ軽くなります。しかし、保育園に子どもを入れたことによって育児休業(育児休暇)が終了するというのは育児・介護休業法の考えではありません。 また、育児休業中(育児休暇中)に一時的に育児をしなくてよくなった場合も、

育児休業と保育園入園の続きを読む>

このページのトップへ↑

カテゴリー