トップ > 育児休業法(育児休暇)と看護休暇

育児休業法(育児休暇)と看護休暇一覧

育児休業法(育児休暇)と病気の子どもの看護休暇

小学校就学前の乳幼児を持つ正社員の会社員・労働者は、会社に申し出て、1年間に5日の「子の看護休暇」を取ることができます。看護休暇の対象となるのは、子供がけがをしたり、病気になった場合です。 これは、2001年の育児・介護休業法の改正で努力義務として導入されたものが、2004年の改正で改められた休暇

育児休業法(育児休暇)と病気の子どもの看護休暇の続きを読む>

このページのトップへ↑

カテゴリー