トップ > 育児休業法(育児休暇)の期間について

育児休業法(育児休暇)の期間について一覧

育児休業(育児休暇)の取得条件と期間

育児休業(育児休暇)は、原則的には、1歳未満の子を養育している会社員・労働者に与えられるものです。そして、その会社員・労働者の性別や、実子・養子の区別には関係なく、条件を満たしている会社員・労働者の申し出があれば与えられます。(育児・介護休業法5条1項) また、会社員・労働者やその配偶者が育児休業

育児休業(育児休暇)の取得条件と期間の続きを読む>

育児休業(育児休暇)の開始日と終了日(1)

会社員・労働者が育児休業(育児休暇)を取る場合は、「いつからいつまで休業(休暇)を取るのか」を明らかにして、[育児・介護休業法5条4項]休業(休暇)の始まる日より1か月前までに会社に申し出なければなりません。[育児・介護休業法第6条3項]うっかりして1か月前までに申し出ないと、会社から休業(休暇)

育児休業(育児休暇)の開始日と終了日(1)の続きを読む>

育児休業(育児休暇)の開始日と終了日(2)

会社員・労働者は、育児休業(育児休暇)」の届け出をしても、その休業(休暇)が始まる前、(または会社が定めた開始日の前)に、育児休業(育児休暇)の撤回ができます。[育児・介護休業法8条] しかし、一度撤回をしてしまうと、特別な事情がない限り、その育児休業(育児休暇)は取ることができなくなってしまいます

育児休業(育児休暇)の開始日と終了日(2)の続きを読む>

育児休業(育児休暇)期間の期間短縮・中止について

育児休業(育児休暇)は、会社や事業主の都合で、期間短縮または中止にすることはできません。[育児・介護法6条1項本文] 法律できまった条件を満たす会社員・労働者が会社に申し出ることにより、申し出た期間育児休業(育児休暇)をすることができるのです。 会社は経営困難であったり、事業が忙しかったりしても、一

育児休業(育児休暇)期間の期間短縮・中止についての続きを読む>

育児休業開始日の変更(事業主・会社による場合)

会社は、会社員・労働者から育児休業(育児休暇)の申し出があった場合、原則としてこれを拒むことはできません。たとえ経営が困難であったり、事業が忙しくても時期を変更したりすることはできません。 しかし、例外もあります。会社員・労働者が、育児休業(育児休暇)を開始しようとする日の1か月前までに申し出をし

育児休業開始日の変更(事業主・会社による場合)の続きを読む>

育児休業開始日の変更(申請社員による場合)

会社員・労働者が育児休業(育児休暇)の申し出をした後、一切変更ができないとなると、いろいろと不都合なことがおきます。そこで、育児休業(育児休暇)開始予定日の繰り上げ変更ができる場合があります。 しかし、急な変更(申し出の日と開始日が近すぎる)の場合は、会社が育児休業(育児休暇)の開始日を指定すること

育児休業開始日の変更(申請社員による場合)の続きを読む>

育児休業(育児休暇)の期間中の終了について

育児休業(育児休暇)期間は、原則として会社員・労働者が申し出た育児休業(育児休暇)開始予定日から終了日までです。また、会社や会社員・労働者から変更の申出があった場合は、その開始予定日から終了日までです。 このように、一般的には育児休業(育児休暇)の終了予定日が、期間の終了になります。ただし、育児休業

育児休業(育児休暇)の期間中の終了についての続きを読む>

育児休業と保育園入園

育児休業中(育児休暇中)の会社員・労働者が、子どもを保育園に入れた場合、育児の負担はだいぶ軽くなります。しかし、保育園に子どもを入れたことによって育児休業(育児休暇)が終了するというのは育児・介護休業法の考えではありません。 また、育児休業中(育児休暇中)に一時的に育児をしなくてよくなった場合も、

育児休業と保育園入園の続きを読む>

このページのトップへ↑

カテゴリー