トップ > 育児休業法(育児休暇)の取得条件など

育児休業法(育児休暇)の取得条件など一覧

育児休業(育児休暇)の取得条件と期間

育児休業(育児休暇)は、原則的には、1歳未満の子を養育している会社員・労働者に与えられるものです。そして、その会社員・労働者の性別や、実子・養子の区別には関係なく、条件を満たしている会社員・労働者の申し出があれば与えられます。(育児・介護休業法5条1項) また、会社員・労働者やその配偶者が育児休業

育児休業(育児休暇)の取得条件と期間の続きを読む>

契約社員・パート社員の育児休業(育児休暇)取得条件

育児休業(育児休暇)は、パートタイムや契約社員のような有期雇用の社員・労働者の場合にも、申請時に下記のような条件を満たせば取得できます。(育児・介護休業法5条1項ただし書き) その条件とは、①1年以上の期間続けて雇用されている場合、②子が一歳になっても続けて雇用されることが見込まれる場合です。 ①

契約社員・パート社員の育児休業(育児休暇)取得条件の続きを読む>

労使協定による育児休業(育児休暇)の対象外

労使協定によって、下記の条件の雇用者を育児休業(育児休暇)を取得できない者と定めることもできます。(育児・介護休業法6条1項)その条件とは、 ①続けて雇用された期間が1年未満、(育児・介護休業法6条1項1号)②配偶者(内縁も含む)が常態として子育てできるものとして厚生労働省令に定められる場合、③育児

労使協定による育児休業(育児休暇)の対象外の続きを読む>

退職が近い社員・契約社員の育児休業(育児休暇)

会社は、退職が近い社員や契約社員の育児休業(育児休暇)を認めなければならないのでしょうか。 会社員・労働者が正社員で、契約期間などが決まっていない場合、会社は退職が近い場合でも育児休業(育児休暇)を認めなければなりません。ただし拒否することができる場合もあります。就職してから1年経っていない人や、配

退職が近い社員・契約社員の育児休業(育児休暇)の続きを読む>

育児休業(育児休暇)期間の男女差

育児休業(育児休暇)について休業(休暇)期間を男女別々に定めることは、性別による不合理な差別であり、民法90条によって無効になります。 育児は女がするものだ、という考えは古くにはありましたが、今は男女均等に育児義務があります。育児休業(休暇)のほかにも男女雇用機会均等法などのように、性別による差別を

育児休業(育児休暇)期間の男女差の続きを読む>

このページのトップへ↑

カテゴリー