トップ > 育児休業法の背景と骨子

育児休業法の背景と骨子一覧

育児・介護休業法の背景

育児・介護休業法は、日本社会の少子高齢化、労働人口減少化の傾向などにより起こる様々な問題の解決の一助として、働く人が家庭と仕事を両立させるために必要な制度として制定され、日本の企業にも定着してきています。 1991年に最初に制定され、その後2004年の改正(2005年4月実施)で更にその適用が有期

育児・介護休業法の背景の続きを読む>

育児・介護休業法の骨子

育児・介護休業法(育児休業・介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律)の定める制度の骨子は、次の通りです。 ①子を養育する男女労働者または要介護状態にある対象家族の介護のために休む制度(育児・介護休業)。 ②負傷し、または疾病にかかった小学校就学の始期にたっするまでの子を養育する男女

育児・介護休業法の骨子の続きを読む>

育児・介護休業法の概要

育児休業法では、原則として1歳未満の子どもを養育している会社員・労働者に育児休暇が与えられるもので、性別や実子・養子の区別に関係なく、条件を満たしていれば申請により与えられます。また育児休業期間内は、社会保険料が会社・本人負担分ともに免除されます。 育児休業(育児休暇)を取得できるのは、1歳未満の子

育児・介護休業法の概要の続きを読む>

このページのトップへ↑

カテゴリー