Top > 育児休業法(育児休暇)のその他の規則 > 育児休業の代替要員(交代人員)の解雇

育児休業の代替要員(交代人員)の解雇

calendar2.jpg育児休業(育児休暇)をとる会社員・労働者がいると、会社は必要に応じて代替要員を雇います[育児・介護休業法22条]。通常は育児休業(育児休暇)をとった会社員・労働者が職場復帰するまでの契約であることが多いのです。

では、育児休業(育児休暇)をとった会社員・労働者が予定より早く復帰した場合、代替要員は契約期間中であるのにもかかわらず、すぐに解雇されてしまうのでしょうか。

期間を決めた雇用契約の場合、「やむをえない事情」がない限り、解約できません。育児休業(育児休暇)を予定より早く終えて職場復帰した会社員・労働者の事情は、会社と代替要員との雇用関係には関係ありません。

会社と育児休業(育児休暇)をとった会社員・労働者の関係、会社と代替要員の関係、それぞれ異なるものです。仮に関係があるとしても、会社は代替要員に対して、契約満了までの賃金を支払うべきなのです。

育児・介護休業法22条

事業主は、育児休業申出及び介護休業申出並びに育児休業及び介護休業後における就業が円滑に行われるようにするため、育児休業又は介護休業をする労働者が雇用される事業所における労働者の配置その他の雇用管理、育児休業又は介護休業をしている労働者の職業能力の開発及び向上等に関して、必要な措置を講ずるよう努めなければならない。

 

【育児休業法(育児休暇)のその他の規則】のカテゴリーの記事

カテゴリー