Top > 育児休業後(育児休暇後)の規則と判例 > 育児休業後(育児休暇後)の転勤命令

育児休業後(育児休暇後)の転勤命令

会社は、育児休業(育児休暇)後の人に転勤命令を出してもよいのでしょうか。

転勤命令は可能ですが、育児・介護休業法10条や育児・介護休業法26条に反するものであってはなりません。会社は労働者が育児休業をしたことによって、不利益な扱いをしてはいけないことになっています。

現実問題として、育児休業が終了したからといって、幼い子供の養育は続くものです。また、介護休業が終了しても介護が続く場合もあります。そんなときに引っ越しをしなければならないような転勤命令が出たら、不利益な扱いと言えます。

そこで会社は、育児休業(育児休暇)や介護休業(介護休暇)を終了した人については、その人の養育や介護の状況を考えて大変にならないようにしなければなりません

 

【育児休業後(育児休暇後)の規則と判例】のカテゴリーの記事

カテゴリー