Top > 育児休業法(育児休暇)の取得条件など > 退職が近い社員・契約社員の育児休業(育児休暇)

退職が近い社員・契約社員の育児休業(育児休暇)

会社は、退職が近い社員や契約社員の育児休業(育児休暇)を認めなければならないのでしょうか。

会社員・労働者が正社員で、契約期間などが決まっていない場合、会社は退職が近い場合でも育児休業(育児休暇)を認めなければなりません。ただし拒否することができる場合もあります。就職してから1年経っていない人や、配偶者が育児をできる人、そのほか育児休業(育児休暇)を取る合理的理由のない人については、会社は育児休業(育児休暇)を拒否することができます。

派遣社員や契約社員のように期間の定めがある会社員・労働者でも、法できめられた要件を満たしていれば、拒否することができません。ただし、派遣社員や契約社員でも、労使協定で育児休業(育児休暇)をすることができない、と決められている人の場合は拒否することができます。

労使協定とは、会社(事業主)と労働組合の間で決めた協定のことです。

 

【育児休業法(育児休暇)の取得条件など】のカテゴリーの記事

カテゴリー